WIN5  8/8の反省とふり返り

こちらはWIN5予想第四回の個人的反省ブログになります。

WIN1   ⑫ 1番人気
WIN2 ⑮ 5番人気
WIN3 ⑭ 4番人気
WIN4   ④   4番人気
WIN5 ⑮   1番人気

配当は89万2910円

私の予想結果は第4レースを外してのWIN4でした。

WIN1に5点も張ってしまったが、過去のデータ通り、1番人気、2番人気が強い競馬に。もう少し点数を減らしてWIN4に点数を振れたかもしれない。

WIN2は予想した馬がワンツーと文句なしのデータ通り。

WIN3もデータ通り、ディープインパクト産駒で決まった。
ここまでは狙い通り。

WIN4は予算を絞るために1点買い。ルメール騎手を信頼しすぎた。
正直このレースは全くと言っていいほど研究していなかった。。2点、3点買い足すと点数が増えて困るのもあるが、WIN1を減らしてこちらで頭数を増やすこともできたのではないか。。

ちなみにこのレースを勝ったのはスワーヴアラミス。父ハーツクライ。決してエルムSの適性に合わない訳ではなく、4番人気で前走オープンで1着と全然狙える馬であった。今回の敗因はルメールを信用しきってしまったのと、買い目を減らすためにWIN4の予想を捨ててしまったことである。1番人気にルメールと頭が悪い買い方をしてしまった。確かにTapit産駒が1着に来るかは疑った部分も少しはあった。

恐らく他のレースが本当に来るのか自信がなく、どこかでこのレースは1頭でいいやという適当さが出てしまったのだろう。

 

今回学んだこと。

結果終わってみればすべて5番人気以内の結果に。これで配当が90万円近いのだからかなりおいしい配当でこれぐらいであったらコンスタントに当てやすいし、当てていきたい、当てるべきレースであった。

これからはどのレースも捨てずに一旦はデータで抑えてその上で吟味して取捨選択をしたい。。

次回も低予算で頑張ってみます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です