キングズレイン応援企画:Road to 菊花賞 3勝クラス馬って今どれくらいいるのか。8月27日現在

愛馬のキングズレインが町田特別2勝クラスを勝ち、菊花賞への出走に1歩前進しました。

が、浮かれてばかりではおれません。

ここ直近2年だと2勝クラスを勝っていれば菊花賞には出走できていましたが、2020年は3勝クラス(1500万の収得賞金持ち)でも抽選になってしまうケースがありました。

最近ライバルの3歳馬たちが2勝クラスを勝ちあがってきて、ソワソワしてきたので今どれくらい3勝クラスの馬がいるのか心配になって調べてみました。

全頭が菊花賞を目指しているのかはまだわかりませんが、可能性のある馬をリストアップしてみたというだけのブログです。

芝1800m以上の勝ち馬、且つ牡馬に限定してカウントし、最低ボーダーは収得賞金1500万としています。

情報は8月27日現在までのもの。

3勝クラス(収得賞金1500万円)

サスツルギ(美浦・次走 神戸新聞杯)
サヴォーナ(栗東)
ナイトインロンドン(美浦・神戸新聞杯or菊花賞)
コスモサガルマータ(栗東・次走 セントライト記念)
ウィズユアドリーム(栗東)
ハーツコンチェルト(美浦・次走 神戸新聞杯予定)
ダノントルネード(栗東)
ハウゼ(美浦)
リビアングラス(栗東)

2勝クラス

今後上昇、トライアル出走もありそうなライバルたち。

レイべリング
スマートファントム
アイザックバローズ(9月2日赤倉特別予定)
シルバーティムール
フレーヴァード (セントライト記念予定)
ゴッドファーザー
マコトヴェリーキー
オクタヴィアヌス(1勝クラス 7馬身差圧勝)
セブンマジシャン(次走 セントライト記念予定)
レーベンスティール(セントライト記念予定)
ウインスノーライト
二ホンピロキーフ
シルバープリペット(次走セントライト記念予定)
アスクドゥポルテ
ニシノファンフェア 
マイネルケレリウス

賞金持ち菊花賞出走予定馬(仮)(収得賞金1500万円以上)

正式な発表はわかりませんが、出走してくるかもしれない馬たち。

ソールオリエンス
タスティエーラ
べラジオオペラ
シーズンリッチ
トップナイフ
シャザーン(次走 セントライト記念)
ファントムシーフ(次走 神戸新聞杯)
サトノグランツ(次走 神戸新聞杯)
シルトホルン(セントライト記念出走予定)
グリューネグリーン(セントライト記念出走予定)
エルトンバローズ(次走毎日王冠出走予定)
パクスオトマニカ(次走セントライト記念予定)
ドゥレッツァ (菊花賞へ向かわない?)

今年は賞金持ち馬の菊花賞出走表明が多い中、2勝クラスを難なく勝つ3歳馬も今年は多いのを見ると、3年前にもあった、3勝クラス抽選が濃厚に今年はなってきました。

なんといつも僕の出資馬は試練が多いわけで。。

次走のセントライト記念でキングズレイン菊花賞への切符を確実にしてほしいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です