プチノワールの17に会って来た。

プチノワールの17

今回の見学で、一番の収穫はこのプチノワールの17くんでした。

出てきた瞬間から「おっとこれは!」と思わせるオーラを放ってました。

馬格があって、体重もすでに483キロ。

歩かせても、踏み込みがすごく良くて、クラシックを意識せずにはいられないくらい
誰が見ても良い馬でした。

性格も、落ち着きの中にも、ほど良いヤンチャ感があり、

一緒に回ってくださったノーザンの方もこの馬を値付けする瞬間に立ち会ったらしく、
超強気の価格設定は牧場の自信の表れと言ってました。

今年はブラックタイドの当たり年らしいです。

あと、松潤かと見間違えるくらいのイケメンでした。

もしかしたら、ブラックタイド詐欺かもしれないので、今後も慎重に見極めたいと思います。

彼らとの別れを惜しみつつ、このあと、ノーザン空港に移動しました。

豆し馬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です